書き方・使い方

【初心者向け】ブログ記事の書き方11のコツ

ブログ初心者

ブログを書いてるのに誰にも読まれません。そもそもブログってどうやって書けばいいの?不安で絶望しそうです。

ブログを書いてるのに誰にも読まれません。そもそもブログってどうやって書けばいいの?不安で絶望しそうです。

今回はこんな悩みを持つ方に向けて、読まれるブログ記事の書き方を解説していきます。

トップブロガーさんの記事や本、動画で学んだ内容をまとめたので、特にブログ初心者の方には参考になると思います。

この記事を読んで実践すれば、
今までより「読まれる記事」を書けるようになります。

ミミズクさん

一緒に頑張ろう!

読まれるブログの書き方【内容編】

  1. 読者の知りたい情報を書く
  2. あなたにしか書けないことを書く
  3. 結論を先に書く
  4. 難しい言葉を使わない

読まれるブログの書き方【見た目編】

  1. 見出しを使う
  2. 一文を短くする
  3. 箇条書きを使う
  4. 漢字は少なめに
  5. 改行を多めにする
  6. 装飾を活用する
  7. 画像を適度に使う

さっそく【内容編】から解説していきます。

読まれるブログの書き方【内容編】

読まれるブログの書き方【内容編】

1.読者の知りたい情報を書く

多くの人に読んでもらうためには、まず読者の知りたい情報を書く必要があります。

読者はつねに自分の悩みや疑問を解決してくれるブログを探しています。

ですから、

  • 答えが書いてありそう
  • 役に立ちそう
  • 面白そう

こんなブログにアクセスが集まります。
日記ブログが読まれにくい理由もここにありますね。

厳しいかもしれませんが、知らない人の日常なんて誰も興味ないというのが現実だったりします。

それでも日常のことを書きたい場合は、

「久しぶりにデパ地下でスイーツ食べてきました!」

のようなタイトルはNG!以下のように変えてみましょう。

「都内デパ地下で食べ比べ!自然派スイーツベスト5」

こうすると、最初のタイトルより知りたい情報がある記事になります。
少しイメージできたでしょうか。

ただ日常の出来事を書くのではなく、ひと手間かけることで読みたい記事になります。

ブログ初心者

そのひと手間が大切なんですね…

ミミズクさん

その通り!「自分でやるのは面倒だなー」とみんなが思っていることを調べて書くのもいいね

ブログに読者の知りたい情報を書いているか?

なかなかアクセスが増えない場合は、まずここを見直してみてください。

2.あなたにしか書けないことを書く

読者の知りたい情報がわからないという方もいるかもしれません。

そんな時は、
「あなたの経験談を欲している人」に向けて書くことをイメージしてみてください。

たとえば、数年前に悩んでいたけど今は解決したことはありませんか?

  • ダイエットに成功した
  • 以前はお金に困っていたけど今は安定した収入に
  • 人間関係で悩んでいたけどこうして解決
  • 体の不調で苦労していたけど克服した

などなど。

今そのことで悩んでいる人(数年前の自分)に向けて記事を書けば、自然と誰かの役に立つ記事になります。

あなたにしか書けない内容か?

あなたの経験こそがブログの強みになります。
他のブログとの差別化にも繋がるオリジナルな記事を書きましょう。

3.結論を先に書く

ブログでは最初に読者の知りたいこと、つまり結論を伝えましょう。

読者は忙しいしせっかちです。
導入を読んで結論が分からないと、さっさとページを閉じてしまいます。

以下のような型があるので覚えておくといいと思います。

  1. 結論(主張)
  2. 理由
  3. 具体例
  4. もう一度、結論

具体例で解説します。

  • step1
    主張
    脳を活性化させるには瞑想が良い
  • step2
    理由
    多くの研究で、瞑想中に脳波が活性化して頭がスッキリすることがわかっているから
  • step3
    具体例
    自分も瞑想を始めてから仕事のパフォーマンスが上がり、仕事が半分の時間で終わるようになった
  • step4
    もう一度、主張
    脳を活性化させるには瞑想が良い

内容はだいぶ適当ですが、イメージはこんな感じです。
最初と最後で主張を繰り返すのもポイントです。

結論を最初に書いているか?

結論は必ず最初に。記事がわかりやすくなり説得力も増します。

4.難しい言葉を使わない

あなたにとっては当たり前の言葉でも、読者にとっては全く知らない言葉だったりします。

特に、専門用語は簡単な言葉に言い換えて、中学生でもわかる言葉で書きましょう。

読者が理解できない難しい言葉を使った文章は共感もされにくくなります。

例をあげてみましょう。

専門用語:
ユーザーエクスペリエンスの向上を考えてUIデザインを設計しなければなりません。

言い換え:
ユーザーがより良い体験ができるよう、使いやすいサイトを設計しなければなりません。

良い例の方がスッと頭に入ってくると思います。
読者に知って欲しい用語の場合は、用語解説を付けるのもいいですね。

難しい言葉を使っていないか?

常に「中学生にも理解できるか?」を意識しながら記事を書いてみてください。


ということで、ここまではブログ記事の書き方【内容編】を解説しました。

続いて、【見た目編】を書いていきます。

読まれるブログの書き方【見た目編】

1.見出しを使う

見出しとは上↑の太字になっている部分のことです。

まずは「見出しなし」と「見出しあり」を比較して見てみましょう。

一目瞭然ですね。
見出しがある方が記事が読みやすくなっています。


必ず見出しを使って、記事のどこに何が書いてあるかを明確にしましょう。

記事に見出しを付けられない場合は、記事の内容がまとまってない可能性があります。
一度、構成から見直してみることをおすすめします。

2.一文を短くする

代表的なのが、「〜が、」を使った文章ですね。

今朝は早起きして犬の散歩に行きましたが、途中で雨が降ってきたので公園でのドッグランは叶いませんでした。

これを2つに分けて一文を短くするイメージです。

今朝は早起きして犬の散歩に行きました。
途中で雨が降ってきたので公園でのドッグランは叶いませんでした。

分けるだけなので簡単ですね。

また、
なくても伝わる言葉はできるだけ削ります。

  • という
  • こと
  • もの

は使いがちなので注意です。

〜が正しいということを証明しました。

〜が正しい内容だと証明しました

など。長く冗長な表現だと思ったら、端的に言い換えてみましょう。
かなりスッキリすると思います。

  • 「という」は消す
  • 「こと」は消すか具体的な言葉に置き換える

なるべくシンプルに書くことを心がけましょう。

3.箇条書きを使う

これも例を見るとわかりやすいです。

必要なのはパソコンとインターネット回線とサーバーとドメインです。

必要なものは以下の4つです。

  1. パソコン
  2. インターネット回線
  3. サーバー
  4. ドメイン

見やすさ、分かりやすさが全然違いますね。

箇条書きは簡単で効果が高いので、ぜひ活用してみてください。

4.漢字は少なめに

文章を読みやすくするために、漢字3割、ひらがな7割を意識して書きましょう。

漢字を連続させないこと、またなるべく画数の少ない漢字を選ぶことも読みやすさにつながります。

  • 一瞬止まる
  • 重要な情報を頂く
  • 少し止まる
  • 大切な情報をいただく

など。

パソコンだとつい変換してしまう「頂く」「余り」「所謂」なども、なるべくひらがなにしましょう。

漢字が多いと記事が黒っぽく重く見えるので、できれば避けたいですね。
文字のバランスは読みやすさにも直結します。ひらがな大事です。

5.改行を多めにする

私は2行を超えたら必ず改行を入れるようにしています。

今はスマホで読んでいる人が多いので、適度に改行しないと文章が塊になってしまうからです。

改行がないと息が詰まりますね。

また、パソコンの表示にあわせて文章の途中で改行すると、スマホでは中途半端な改行になるので注意です。


こんな感じです。ちょっと気持ち悪いですね。

改行はスマホの表示も確認しながら

  • 一文は短くして途中で改行しない
  • 2行以上になる場合は改行を入れる

がいいと思います。

6.装飾を活用する

  1. 太字にする
  2. 文字色を変える
  3. ボックスを使う

などです。この記事でも多用しています。
ポイントを強調して文章にメリハリを出すのが大切です。

ちなみにボックスとは上のピンクの枠のようなデザインのことです。
今はテーマにボックスデザインが含まれているものも多いですね。

コピペで使えるものもあり、私がよく使っているサイトはこちらです。

改行や装飾のさじ加減は好みもありますので、お気に入りのブロガーさんを参考にしてみるのもいいと思います。

7.画像を適度に使う

画像を表示する場所は見出し(h2)の下でOKです。
画像のあるなしで記事の見やすさが全く変わりますので、ちょっと手間はかかりますが設定しましょう。

画像の探し方、選び方は以下の記事で解説していますので参考にしてください。

まとめ

というわけで、ブログ記事の書き方を【内容編】と【見た目編】に分けて解説しました。

読まれるブログの書き方【内容編】

  1. 読者の知りたい情報を書く
  2. あなたにしか書けないことを書く
  3. 結論を先に書く
  4. 難しい言葉を使わない

読まれるブログの書き方【見た目編】

  1. 見出しを使う
  2. 一文を短くする
  3. 箇条書きを使う
  4. 漢字は少なめに
  5. 改行を多めにする
  6. 装飾を活用する
  7. 画像を適度に使う

一度に全て実行する必要はありません。
できそうなものから、1つずつ実践してみてください。

それに慣れたら次の項目へ。
続けているうちに上達していくはずです。

1ミリずつ、亀の歩みで少しずつ進んでいきましょう。私も頑張ります。
ではまた〜。

先日読んでとても参考になった本です↓

ブログお悩み相談受付中

Dressingでは、ブログ作成中の疑問やお悩みにチャットを使ってお答えしています。

「WordPressの設定を教えて欲しい」
「分からなくて挫折しそう」

などお困りの際はお気軽にご相談ください。

お問い合わせ